自分らしく生きる

スポンサーリンク
Gift図書館

姫からレディへ│彼の両親と映画リトル・マーメイドを観た話

映画館の席順はお義母さん、彼氏、私、お義父さん。緊張しながら見た映画「リトル・マーメイド」の物語は、周囲から応援される自由奔放なプリンセスが羨ましい一方で、「感謝と謙虚さを持った大人の女性になりたい」とこっそり心のメモに記す。そうだ、私はもう小さなお姫様ではないのだから。
生きづらさを抱えて

自分で決めるということ -過干渉からの脱却-

私はこれまでずっと親の監視下で生きてきました。でもこんなのは私の人生じゃない。私は親の人形ではない。私に何かあっても親は責任をとってくれない。そんな想いから30歳直前にして家を飛び出した私のお話です。
Gift図書館

私とダンス|魂よ、踊れ。映画RRRの感想

「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら、踊らにゃ損損」わかっちゃいるけど、人間は複雑で面倒で、そう簡単には頭空っぽにも、阿呆にもなれない。まずは、映画RRRのの帰り道に、小さく、こっそり、ステップ踏むところから始めたい。
スポンサーリンク
Gift図書館

私の1番のファンは母|福々ちえ「やさしさに溺れる」を読んで

もしかしたら、私という人間の幸せを、私以上に願っているのが、母であり、反抗期真っ盛りな娘の創作活動を、誰よりも応援してくれたのも母だった。そんな母と久しぶりにゆっくり会話をしたなったのは、あるTwitter上の作品に出会ったからだった。
Gift図書館

【BLUE GIANT】映画感想|英雄だけが人生の正解じゃない

ジャズ好きの知人に誘われて、全くの初見で観に行った映画「BLUE GIANT」。最も私が感情移入したのは青春の只中にいる少年たちではなく、それを支える名もなき大人たちだった。
ライフワーク

【音楽と私】言葉にできない日々を歌ってくれ

川谷絵音の歌によれば、「この日々が命」なんだという。忙しさに目を奪われて忘れがちだが、ささやかな日々は、かけがえない命の時間の連続である。私という個人の日常の記録が、誰かを癒やしたら嬉しい。
育児xいくじxIKUJI

【軽度知的障害】小学校入学と気づくまで。軽度知的障がい児の特徴5選

【軽度知的障害】は、自立した生活ができるので、生きづらさを抱えたまま、大人になってうつ病、不安症など二次障害になることもあります。学齢期の早い段階で気づき、支援を受けながら学校生活を送ることが出来れば、大人になってからも生活しやすくなります。この記事では、次男の軽度知的障害に気づくまでについてお話します。
育児xいくじxIKUJI

【育児あるあるシリーズ】コップの底で変な顔【あるある?】

見て見て~変な顔!! 育児あるあるシリーズ コップの底で変な顔
ライフワーク

時間を効率よく活用するために【気をつけたい】

日々の生活の中で、時間がないと感じる方は多くいるのではないでしょうか? 1日24時間です。誰もが平等にある時間をどのように過ごすのが、将来に大きな利益になると思います。 毎日の家事や仕事、予定に追われる日々で、勉強や資格、あるいは家族や大切な人と過ごす時間も必要ですよね。 日本においては、社会人になってから勉強や資格を取るなど自分から率先してスキルを磨く人は少ないことが現状にあるようです。しっかりと改善をしていくためのアクションをこの記事では徹底解説しています。
育児xいくじxIKUJI

【育児あるあるシリーズ】自分でもわからない。謎のお面【ある?】

【育児あるある】自分でもわからない。謎のお面【ある?】 育児あるあるシリーズ わけわからん・・・そのお面なんなのよ?
スポンサーリンク