スポンサーリンク

【Stable Diffusion】WebUIで最新のSDXLを使ってみる

ITライフハック
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

今回は Stable Diffusion 最新版、Stable Diffusion XL (SDXL)についてご紹介します。
※アイキャッチ画像は Stable Diffusion で生成しています。

AUTOMATIC1111 版 WebUI Ver.1.60 から Refiner の扱いが変更になりました。以下の記事で Refiner の使い方をご紹介しています。
合わせてご覧ください。

https://gift-by-gifted.com/sdxl-webui-refiner/

スポンサーリンク

Stable Diffusion XL(SDXL)とは?

Stable Diffusion XL(通称SDXL)は、画像生成AIの最新バージョンで、従来の Stable Diffusion に比べ、画質が大幅に向上しています。

主な特徴

  • 画質の向上
  • 様々な画風への対応
  • 高解像度の画像の学習
  • baseモデルとrefinerモデルによる高画質生成
  • デフォルトサイズの増加(1024×1024)
  • 手やテキストのきれいな生成

Stable Diffusionとの違い

  • パラメータ数の増加と性能の向上
  • 低解像度データの非使用
  • 2段階の処理による高画質化
  • 互換性はなくなった
スポンサーリンク

Stable Diffusion XLの導入方法

それでは AUTOMATIC1111 版 Stable Diffusion WebUI V.1.5.1 に SDXL を導入してみましょう。

前提条件

WebUIのバージョン:v1.5.0以降

GPU:VRAM10GB以上のグラフィックボード

モデルのダウンロードと配置

ダウンロードするのは以下の3ファイルです。base モデルは必須です。あとの2つは必要に応じてダウンロードしましょう。

モデル:

  • baseモデル(必須)
  • refinerモデル(任意)
  • VAE(任意)

baseモデル

必須ファイルです。このファイル単体で SDXL を動作させる事も出来ます。

以下のページから「sd_xl_base_1.0.safetensors」をダウンロードして下さい。

stabilityai/stable-diffusion-xl-base-1.0 at main
We’reonajourneytoadvanceanddemocratizeartificialintelligencethroughopensourceandopenscience.

ダウンロードしたファイルは「/stable-diffusion-webui/models/Stable-diffusion/」フォルダに移動させます。

refinerモデル

任意ファイルです。このファイルで2段階処理することで生成する画像の画質を上げる事が出来ます。
ただし、WebUIでは完全にサポートされず自動で適用されませんので注意が必要です。

以下のページから「sd_xl_refiner_1.0.safetensors」をダウンロードして下さい。

stabilityai/stable-diffusion-xl-refiner-1.0 at main
We’reonajourneytoadvanceanddemocratizeartificialintelligencethroughopensourceandopenscience.

ダウンロードしたファイルは「/stable-diffusion-webui/models/Stable-diffusion/」フォルダに移動させます。

VAEモデル

SDXL 用の VAE です。任意ですが、彩度を上げるためにあった方がいいでしょう。

以下のページから「sdxl_vae.safetensors」をダウンロードして下さい。

stabilityai/sdxl-vae at main
We’reonajourneytoadvanceanddemocratizeartificialintelligencethroughopensourceandopenscience.

ダウンロードしたファイルは「/stable-diffusion-webui/models/VAE/」フォルダに移動させます。

Stable Diffusion XLの使い方

設定

  1. モデルは「sd_xl_base_1.0.safetensors」を選択します
  2. 画像サイズを
    1024 x 1024、1152 x 896、896 x 1152、1216 x 832、832 x 1216、1344 x 768、768 x 1344、1536 x 640、640 x 1536
    の中から選択します。ごれ以外のサイズは画質が下がる可能性があります。
  3. VAE をダウンロードしてあるのなら、VAE に「sdxlvae.safetensors」を設定します。

以上で、いつものようにプロンプト、ネガティブプロンプト、ステップ数などを決めて「Generate」で生成します。

ただし、Stable Diffusion 用の LoRA や Control Net は使用できません。また、サンプラーの中には使えないサンプラーがあるので注意します。

以下が、生成してみた画像です。
SD1.5 や SD2.0 に比べればすごいですが、 LoRA などを使った画像生成に慣れると、現時点ではもの足りないかもしれません。

SDXL画像

SDXL画像

refinerモデルの利用

refiner モデルは base モデルで生成した画像をさらに呼応画質にします。ただ、WebUI では完全にサポートされてないため手動を行う必要があります。

手順

  1. まず、baseモデルでの画像生成します。
  2. 画像を Send to img2img で転送します。
  3. モデルを refinerモデルへの切り替えます。
  4. 「Denoising strength」を2〜4にします。
  5. 「Generate」で生成します。

現在ではそれほど恩恵は受けないようです。

おわりに

SDXL は従来のモデルとの互換性がないのの、高いクオリティの画像生成能力を持っています。
ただ、モデルや、LoRA などまだまだ揃っていませんので、もの足りないかも知れませんが、これからに期待です。

created by Rinker
¥3,630 (2023/09/29 09:04:05時点 Amazon調べ-詳細)

タイトルとURLをコピーしました