スポンサーリンク

【SDXL】AUTOMATIC1111版WebUIでRefiner を使う

Stable Diffusion画像 ITライフハック
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
当ページはプロモーションが含まれています

Refiner は、SDXLで導入された画像の高画質化の技術で、2つのモデル Base と Refiner の 2パスで画像を生成することで、より綺麗な画像を生成するようになりました。AUTOMATIC1111 版 WebUI は、Refiner に対応していませんでしたが、Ver.1.6.0 以降で Refiner に正式対応しました。
今回は Ver.1.6.0 以降で Refiner を使う方法をご紹介します。
※アイキャッチ画像は Stable Diffusion で生成しました。

また、AUTOMATIC 版 WebUI に Stable Diffusion XL を導入する方法は以下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

準備

  1. WebUI のアップデートをしておきます。
    Ver.1.6.0 以降から対応しています。
  2. Refiner モデルのダウンロードしておきます、以下のサイトから「sd_xl_refiner_1.0.safetensors」をダウンロードして、「/stable-diffusion-webui/models/Stable-diffusion」フォルダに移動しておきます。
stabilityai/stable-diffusion-xl-refiner-1.0 at main
We’re on a journey to advance and democratize artificial intelligence through open source and open science.

 

スポンサーリンク

Refinerの使用方法

「Generation」タブの「Hires.fix」の右側に「Refiner」がの設定があり、これを選択することで設定することができます。
WebUI

選択すると Refiner 有効になり、「Checkpoint」(モデル)と、「Switch at」の項目が表れます。
WebUI

  1. モデルの選択
    「Checkpoint」で使用する Refiner モデルを選択します。
    使用する Refiner モデルはあらかじめ所定のフォルダに収めておきます。
  2. 「Switch at」は、Base モデルと Refiner モデルの切り替えタイミングを決める設定です。0.8 ならば全体のステップのうち、最初の 80% は Baseモデルを使い、次の 20% は Refiner モデルを使います。Refinerモデルを後半に使うことで、より高品質な画像が得られます。また、1 の場合は Base モデルが使われるため、Refiner は使用されません。

検証

Base モデルのみで生成した画像と、Base モデルと Refiner モデルで生成した画像を比較します。Refiner の効果が分かると思います。
Baseモデルのみ
SDXL生成画像

Baseモデルと、Refinerモデル 0.8設定
SDXL生成画像

まとめ

Refiner の導入により、SDXL は 更なる進化を遂げています。是非導入して、更に魅力的な画像生成を楽しんでください。

created by Rinker
ソシム
¥2,420 (2024/07/25 00:54:45時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました