スポンサーリンク

macOS 13.5 Venturaで位置情報でアプリのリストが表示されない不具合

位置情報 ITライフハック
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
当ページはプロモーションが含まれています

私もこの位置情報サービスの個別設定ができなくなって、調べてみると、macOS の不具合のようだと分かりました。

情報によりますと、7月24日にリリースされた macOS 13.5 Ventura アップデートの後に一部ユーザーから、位置情報サービスの不具合報告が上がっているようです。

具体的には、「システム設定」の「プライバシーとセキュリティ」の「位置情報サービス」から、アプリケーションへの位置情報アクセス設定が消え、変更が行えないという状況です。

システム設定

この問題は、アップデート後に、位置情報アクセスを必要とする各アプリのリストが表示されず、そのため位置情報の許可のON/OFF切り替えができなくなるというものです。この報告はアップルサポートコミュニティやSNS等で複数のユーザーから報告されており、特に注意が必要とされています。

ただし、この問題にもかかわらず、AppleのサービスやmacOSのシステムが利用する位置情報(例えば、位置情報に基づいた時間帯の設定やMacを探す機能、HomeKit、ネットワークとワイヤレスなど)の設定は依然として可能です。しかしながら、他のアプリについては、起動時に設定を間違えると、Appleがこの問題を修正するまでは個別に変更できないという制約があるため注意が必要です。

今後のmacOSアップデートでこの問題が修正されることを期待しつつ、それまでは各自、位置情報の設定に関して十分な注意を払うようお願いいたします。

created by Rinker
ポケモン
¥6,940 (2024/04/13 02:35:01時点 Amazon調べ-詳細)

タイトルとURLをコピーしました