スポンサーリンク

NEWSの魅力~立ち上がる、這い上がる

ハートに絆創膏を貼る 生きづらさを抱えて
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
当ページはプロモーションが含まれています

先日、NEWSの20周年ライブに行ってきました。

今回のライブは「シングル全部やっちゃいます」…ということで、本当に40曲、全部歌ってくれました。

予想では「ワンフレーズの曲もあるのかな」なんて思っていましたが、どの曲も丁寧に歌ってくれました。短くてもテレビサイズ。

おまけにシングル以外の定番曲まで…合計47曲、3時間というライブでした。

そんな20周年ライブを見て、改めてNEWSの魅力について考えてみました。

コンサートの舞台に向かって手を挙げる人

NEWSは元々、9人グループでデビューしました。

しかし、脱退やメンバーの不祥事があったり…。

6人グループから4人になったときは大きな大きな決断を迫られたと思います。

なぜなら脱退メンバーが不動のセンターだから。

「残った4人でNEWSは無理だ。イチゴの無いショートケーキみたいなものだ」

とスタッフから言われたようでした。

それでも、NEWSを続けると決めたメンバー。

正直、「もう誰かが抜けることはないだろう」と思っていました…が、結果的に現在は3人で活動しています。

夕焼けの空

9人でデビューし、20周年を迎える今年は3人。

こんなグループ、他にはないと思います。

何度も「解散」を選ぶ道があったと思います。

それでも「NEWS」という場所を守ってくれる決断をした3人。

ファンとしては感謝しかありません。

コンサート会場で腕を上げる人々

デビュー当時からNEWSの曲は応援歌が多かったです。

いまのNEWSも誰かを応援する歌が多いです。

ただ、違う部分もあります。

いまのNEWSが歌う応援歌の多くは「這い上がるための応援歌」だと思います。

一度は諦めてしまったけれど、もう一度夢に向かう…そんな曲が多いのです。

それはNEWS自身の気持ちであり、私の気持ちを代弁してくれるようでした。

空を背景にジャンプする人

「うつ病」という病気になり、大好きだった仕事を諦めた。

でも、もう一度「支援者」になりたいと這い上がろうと決めた。

そんな背中を押してくれる曲がたくさんあるのです。

なかでも大好きな曲が「カナリヤ」という曲です。

傷付きながらももう一度飛ぶことを夢見る、そんな歌詞が刺さります。

おそらく、「生きづらさ」を抱えるすべての人に刺さるのではないでしょうか。

どん底からもう一度立ち上がろうとするあなたに、

きっとNEWSの生き方、歌はなにかしらの後押しをしてくれると思います。

created by Rinker
ジェイストーム
¥1,500 (2024/02/29 09:23:28時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました