スポンサーリンク

【Tips】macOS VenturaではGUIが無くなりpmsetで電源スケジュールを設定

Macとスケジュール帳 ITライフハック
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
当ページはプロモーションが含まれています

Apple の最新のオペレーティングシステム、macOS 13 Ventura では、Macの起動、スリープ、再起動、システム終了などを行う「スケジュール」機能を GUI で設定できなくなりました。これにより、ターミナルを使ってコマンドラインからの操作を行うことに。この記事では、新たに必要となる「pmset」コマンドの使い方を説明します。

スポンサーリンク

廃止された GUI 設定

macOS 12 Monterey までは、システム環境設定内の「バッテリー/省エネルギー」セクションに「スケジュール」機能が存在していました。

これにより、Mac の電源を自動的にオン/オフしたり、スリープや再起動を指定した時間に設定することが可能でした。

しかし、macOS 13 Ventura においては、システム設定アプリが iOS に準じてリニューアルが行われました。その結果、これまでのスケジュール設定 GUI が廃止されてしまいました。

macOS 13 Ventura では、スケジュール機能はコマンドラインベースで実装されています。具体的には、ターミナルを開き、「sudo pmset repeat type weekdays time」のような形式でpmsetコマンドを使用してスケジュールを設定する必要があります。

スポンサーリンク

pmset コマンドの基本的な使い方

macOS のターミナルで実行する pmset コマンドは、システムの電源管理設定を制御するためのものです。このコマンドを使うと、スリープタイマーや起動/シャットダウンのスケジューリングなど、さまざまな設定を調整できます。

pmset の設定方法

具体的には以下の2つの形式で pmset コマンドを使用できます。

単発のスケジュールを設定する場合

sudo pmset schedule (操作内容) "(日付)"

操作内容として指定できるものは以下の通りです

  • shutdown:シャットダウン
  • poweron:電源オン
  • sleep:スリープ
  • wake:スリープ解除
  • wakeorpoweron:スリープ解除、または電源オン

単発スケジュールの日付指定の形式は次の通りです(時間は24時間制です)。

MM/dd/yy HH:mm:ss(=月/日/西暦下2桁 時:分:秒)

例えば2023年5月30日の12時に電源をオンにするなら、以下のようにします。

sudo pmset schedule poweron "05/30/23 12:00:00"

繰り返しのスケジュールを設定する場合

sudo pmset repeat (操作内容) (曜日と時間)

繰り返しスケジュールの曜日指定の形式は以下の通りです

  • M:月曜
  • T:火曜
  • W:水曜
  • R:木曜
  • F:金曜
  • S:土曜
  • U:日曜

例えば以下のようにすると、月・水・金曜日の12時にシャットダウンをします。

sudo pmset repeat shutdown MWR 12:00:00

これらの情報を使って、自分が望むスケジューリングを設定することができます。

スケジュールの確認とキャンセル

設定したスケジュールは、以下のコマンドで確認することができます

pmset -g sched

「Repeating power events」が、繰り返しスケジュールを、「Scheduled power events」が単発スケジュールを表しています。

そして、スケジュールのキャンセルは以下のように行います:

単発のスケジュールをキャンセルする場合

sudo pmset schedule cancel (スケジュール番号)

繰り返しのスケジュールをキャンセルする場合

sudo pmset repeat cancel

まとめ

macOS では、ネットワークに続いてスケジュールも簡単な GUI ではなく、コマンドラインでのみ操作するようになりました。大変残念なことです。
今回はスケジュールのコマンドラインでの設定方法をご紹介しました。上記の情報を参考にすれば面倒でも操作することができます。ぜひ、お試し下さい。

created by Rinker
ソーテック社
¥2,178 (2024/04/19 15:03:44時点 Amazon調べ-詳細)

タイトルとURLをコピーしました