スポンサーリンク

【Tips】MacでWindowsのBack Spaceキーを使う

Macキーボード ITライフハック
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
当ページはプロモーションが含まれています
スポンサーリンク

MacとWindowsのキー配置の違い

Mac と Windows は、細かいのを含めると多くの面で使い勝手が異なります。特に、キーボードのキー配置やその挙動に関する違いは、乗り換えた初心者にとって混乱の元となることが多いようです。

その中でも「Delete」キーの挙動に関する違いは気になる人も多いかも知れません。

スポンサーリンク

「Delete」キーの役割

Windows ユーザーにとって馴染みの深い「Back Space」キーは、Macのキーボードでは「delete」と表記されています。このキーを利用すると、カーソルの直前の文字を消去することができます。一方、カーソルの後ろの文字を消したい場合、Windowsには専用の「Delete」キーが配置されていますが、Macのキーボードにはそのようなキーは標準では存在しないのです。

この違いにより、初めて Mac を使用する Windows ユーザーは、文字入力時に戸惑う人も多いのではないでしょうか?

Macの「delete」キーの役割

実は、Macユーザーもカーソルの後ろの文字を消したい場合、特定のキーの組み合わせでそれを実現することができます。具体的には、「fn」キーを同時に押しながら「delete」キーを押すことで、Windowsの「Delete」キーと同じ挙動を得ることができます。この操作は、Mac では「forward delete」として知られており、Windowsとの少し異なる点です。

まとめ

Mac と Windowsは、同じ「Delete」というキー名であっても、その挙動や使い方には微妙な違いがあります。新しくMacを手に入れた方や、WindowsからMacへの乗り換えを検討している方は、この違いを覚えると便利だと思います。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥13,242 (2024/04/17 18:10:09時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました