スポンサーリンク

【Tips】iPhoneのLightningケーブル接触不良が原因で充電できない時の修理方法

スマホとケーブル ITライフハック
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
当ページはプロモーションが含まれています

iPhone や MagicMouse 、AirPods など Apple 製品の充電に使っているLightningケーブルが接触不良を起こし、充電できなくなったとき、どうしますか?

そんな時、新しいケーブルを買う前に試すことができる、自分で行える修理法を紹介します。

この記事では、ケーブルの接触不良が原因で iPhone が充電できなくなった際、新しいケーブルを購入せずに問題を解決する方法をご紹介します。

ただし、この修理方法は、ケーブルのコネクタ部分が接触不良を起こしている場合にのみ有効です。断線が原因である場合、修理はできませんのでご了承下さい。

スポンサーリンク

なぜ接触不良が起こるのか?

接触不良は、電気が流れるべき箇所で適切な電流が流れない状態を指します。
これは、ケーブルの接続部に汚れや酸化がある場合に起こります。
特に、Apple の Lightning ケーブルは比較的繊細で、頻繁に使うと接触不良が起こりやすいと言われています。しかし、手持ちのケーブルが接触不良を起こしたからといって、すぐに新しいケーブルを購入する必要はないのです。

スポンサーリンク

修理

用意するものとその用途

接触不良の修理に必要なものは以下の通りです。

溶剤

汚れた部分、酸化した部分を溶かすもの

できれば接点復活剤がおすすめです。

  • 接点復活剤
  • 無水エタノール
  • 市販のアルコールスプレー

接点復活材は呉工業の接点復活スプレーなどがあります。

created by Rinker
アストロプロダクツ
¥439 (2024/04/21 18:55:25時点 Amazon調べ-詳細)

拭き取り紙

紙ワイパーがおすすめですが、ティッシュペーパーでも問題はありません。

  • 紙ワイパー
  • ティッシュペーパー

紙ワイパーには日本製紙クレシアのキムワイプなどがあります。

created by Rinker
日本製紙クレシア(NIPPON PAPER CRECIA)
¥770 (2024/04/21 20:24:23時点 Amazon調べ-詳細)

敷く物

接点復活材、アルコールなどが飛び散るので、下に敷くものも用意します。

  • 新聞紙など

修理の手順

修理の手順は以下の通りです。

  1. Lightning ケーブルのコネクタ部分を見て、汚れや酸化があるか確認します。特に金属部分に汚れが溜まっている場合が多く、左から4本目の端子が酸化して黒ずんでいることが多いです。
    Lightningケーブル接触不良コネクタ
  2. 下に新聞紙などを作業する場所に敷いておきます。
  3. 接点復活材を軽くコネクタ部分に吹き付けるか、無水エタノールまたはアルコールスプレーをティッシュ(紙ワイパー)に少量つけます。
  4. ティッシュでケーブルのコネクタ部分を丁寧に拭き、汚れを取り除きます。この時、強くこすりすぎないように注意してください。なるべく軽く、しかし確実に汚れを取り除くようにします。
  5. 汚れを完全に取り除いたら、コネクタ部分を乾燥させます。
  6. スプレーが乾いたら、もう一度コネクタ部分をティッシュで拭いて乾かします。
  7. 修理が終わったら、ケーブルを iPhone に接続し、充電ができるか確認します。

以上が、接触不良を起こした Lightning ケーブルを自分で修理する手順です。

まとめ

Lightning ケーブルの接触不良は、主に汚れや酸化により起こります。今回は問題の解決法、無水エタノールや接点復活剤を使った修理方法をご紹介しました。

ですが、これらの対処法で改善しない場合は、断線や本体の故障の可能性もあります。その場合は、新しいケーブルの購入を検討してください。

また、予防策として、予備のケーブルを用意し、今回のような拭き取りなど定期的なメンテナンスを行うことが推奨されます。適切なケアとメンテナンスにより、ケーブルの寿命は延びるはずです。

タイトルとURLをコピーしました