スポンサーリンク

ジャニヲタが「(旧)ジャニーズ」に思うこと

コンサート会場のイメージ ライフワーク
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
当ページはプロモーションが含まれています

前提として。

ジャニー喜多川氏がしたことは、許せることではないです。

子を持つ親としても、到底許せる行為ではありません。

ただ、このジャニーズ問題に対して数多くいるジャニヲタの1人として、一個人の意見を書いてみました。

私は関ジャニ∞のファンです。

今回のジャニーズ問題で、「関ジャニ∞」はグループ名を変えるという決断を取りました。

8人から7人になり、渋谷すばるくんが抜けて6人、そして錦戸亮くんが抜けて5人…。

きっと解散する道もあったし、その選択肢がよぎったこともあるでしょう。

だけど、彼らはグループ名を変えず、今日まで活動してきました。

「関ジャニ∞」という居場所、ファンの拠り所を守ってくれていました。

「推ししか勝たん」うちわ

なのに、メンバーが起こした不祥事や脱退ならまだしも…。

大事にしてきた名前を変えなければならないという結論は、ファンにとっても苦しいものです。

彼らが歌ってきた楽曲のなかにも「関ジャニ∞」という言葉は含まれていて、ライブのコール&レスポンスでも「関ジャニ∞」と叫んできて…。

それが、無くなってしまうという現実は、正直まだ受け入れられずにいます。

客席の椅子

私は、「ジャニーズ問題」が取り沙汰されているなかNEWSのライブに行きました。

彼らは「今回の問題で、ジャニーズのファンでいるというだけで非難されている現実も知っている」と言っていました。

性加害を起こした事務所に所属しているタレントを好きでいる、推している。

それをSNSで中傷されることもあります。

NEWSのメンバーは「僕らは表に立つ、その覚悟を持って仕事をしている。だからみんなは、シンプルに『俺らを好きでいる』それだけでいい」と言いました。

ペンライト

その言葉が、「いまのジャニヲタのすべて」だと思いました。

性加害は許されない。

それを長年、見て見ぬフリをしてきた事務所も許されないでしょう。

でも、それと「アイドルを推す」気持ちは別物。

私たちファンは、ただシンプルに「彼らを応援したい」「彼らを大好きでいる」その気持ちを大切にしていきたい。

アイドルを推す女性2人

ジャニヲタと名乗れなくなるのは悲しいけれど、私はこれからも彼らのファンであり続けるのだと思います。

created by Rinker
ジェイストーム
¥2,840 (2024/05/28 18:00:59時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました