スポンサーリンク

障害者雇用の重要性とメリット

後ろ姿 生きづらさを抱えて
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
当ページはプロモーションが含まれています

近年、障害者雇用に対する社会的な関心が高まっています。障害者も一人ひとりが持つ能力や個性を活かし、社会の一員として働くことが期待されています。

しかし、現実には依然として障害者の雇用率は低く、様々な課題があります。
この記事でわかることは

・障害者の雇用環境がわかる
・働く環境について
・障害者を雇用する企業の背景

そのような現代の問題を様々な視点から「障害者雇用」について記事にしました。

スポンサーリンク

障害者の雇用

障害者が就労するには多くの壁があります。
例えば身体障害者は、建物のバリアフリー化や、作業場所に合わせた工夫や支援が必要です。
知的障害者は、コミュニケーションの壁や、作業の理解の遅れがあった場合に出てくるミスが問題となります。
また、精神障害や発達障害を持つ人も、人によっては就労にあたり多様なサポートが必要となります。

そのため、企業側も障害者を雇用することに対して、不安やハードルを感じるケースが多いようです。
障害者を雇用することで、雇用条件の特例や施設の改修、研修費用などがかかることもあるため、費用面の問題もあります。

また、就労後の支援や、トラブルが発生した場合の対応などで、社員の管理業務も増えてしまうかもしれないとの懸念から、採用に慎重になる傾向があります。

握手する男性

スポンサーリンク

雇用に対するメリット

障害者が就労することで企業側には様々なメリットもあります。

障害者雇用は、法律的な面からも企業や団体に多くのメリットがあります。
現在、日本で障害者雇用を促進する法律が整備されており、これに従うことで企業や団体は税金面や助成金面で優遇されます。

また、障害者を積極的に雇用することで、CSR(企業の社会的責任)の充実にもつながります。

また、障害者は一般的な従業員とは違った個性を持っているため、企業の多様性を高めることもできます。さらに、障害者の積極的な活用により、企業内の組織力強化や生産性向上、開発力向上などが期待できます。

働く環境整備

障害者雇用に取り組む企業としては、ハードルが高いと感じている人も多いかもしれません。
しかし、一歩ずつ課題をクリアしながら、障害者の就労を実現する取り組みが求められています。

身体障害者の場合、バリアフリー化を進めることで、物理的なハードルを下げることができます。
知的障害者の場合は、事前の研修や仕事の説明など、理解しやすい方法での指導が重要です。

また、障害者が働きやすい環境を整えることも必要です。
障害者が就労することにより、企業側にもメリットがあることは確かです。

社会と企業が協力して、障害者の就労を支援する仕組みを整えていくことがとても重要になっていきます。

高層ビルを下から見上げる0

障害者の雇用促進

「障害者も雇用しよう」という考え方が広まり、近年では企業や団体の障害者雇用が増加しています。それでも、特に身体障害者など一部の方々はまだまだ大きな課題を受けることもあります。

ですが、障害者が持つ能力や特性を活かし、雇用することで企業や団体は多くのメリットを享受することができます。

障害者の活躍

障害者が持つ能力や特性に着目すると、クリエイティブで創造力が豊かな人が多いという点があります(もちろん個人差があります)。

一般的な人とは違う視点で物事を見ることができるため、企業や団体の優れた製品やサービスの開発に活かすことができます。
例えば、大型ショッピングモールを経営する企業であれば、障害者・高齢者・子供連れなどの配慮を必要とするお客様層にどのようにサービス展開していくべきか、施設面やニーズの把握に障害を持つ社員の意見を取り入れるなど、とても有効な活用ができますよね。

また、粘り強さや努力家も多く、仕事に対する熱意も非常に高い傾向にあります。

様々な場面の中で、日々努力をしている姿は、「情熱的な気持ちを思い起こす一つのきっかけになる」ほどの衝撃を私は今でもずっと忘れられません。

オフィスの風景

雇用に対する考え

障害者を雇用することで、企業や団体の社会的な評価も高まります。
障害者を積極的に雇用することは、社会的な貢献にもつながるため、CSRの一環として評価される場合があります。

お客様の信頼や企業イメージアップなど、直接的な効果だけでなく、長期的な視野に立った経営にも繋がることでしょう。

また、障害者といっても様々な特性を持つ人がいますので、「環境整備」や「配慮」といった大げさな事は必要なくちょっとした工夫で問題なく仕事をこなせる人がいることも事実。

変に構えすぎず、個々の特性に応じて柔軟に考えていくことが必要です。

障害者雇用の取り組み

まずはハローワーク、人材紹介会社や障害者就労支援センターなどを活用し、採用に向けた条件面や職務内容の調整などを行うことが重要です。
また、職場環境の改善にも注力することで、障害者にとって働きやすい職場づくりを目指します。

ハローワークは国の機関であり、無料で様々な支援をしてくれます。障害者雇用に向けての相談、就職活動中の障害者の紹介、面接の調整(時には同行面接)、就職後の定着指導、職場整備のアドバイスなど、豊富な経験に基づいたサポートをしてくれますので活用しない手は無いでしょう。

まとめ

障害者雇用のメリットや取り組み方についてご紹介しました。
障害者を雇用することで、企業や団体は法的な優遇措置を受けることはもちろんのこと、障害者の持つ能力や特性を活かすことで、新たなビジネスの展開や社会的な貢献にも繋がります。

障害者雇用に積極的に取り組み、多様な価値観や能力を受け入れることが、企業や団体の成長につながるのです。

皆でよりよい社会を作っていけるようにしていきたいものですね。

created by Rinker
¥1,760 (2024/04/19 08:28:23時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました