スポンサーリンク

デジタル時代の新たな医療:ADHD治療のためのゲームアプリ「EndeavorRx」

EndeavorRx 生きづらさを抱えて
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
当ページはプロモーションが含まれています

アメリカ食品医薬品局(FDA)が認可した、ADHD(注意欠如・多動症)を持つ児童向けの革新的な治療法が注目を集めています。その名も「EndeavorRx」。このデジタル治療薬は、ゲームアプリという形で提供され、ADHDの子どもたちの特性改善に役立つことが期待されています。

EndeavorRx® - ADHD Video Game Treatment for Kids | FDA-authorized
The game-changing ADHD treatment. EndeavorRx® is the first & only FDA-authorized video game treatment for kids with ADHD...
スポンサーリンク

EndeavorRxの特徴と効果

EndeavorRx は、アメリカのベンチャー企業 Akili Interactive Labs によって開発されたアプリで、スマートフォンやタブレットで利用できます。このアクションゲームでは、プレイヤーは自機を操作して障害物を避けながら標的をタッチするという、2つの動作を同時に行います。このプロセスを通じて、ADHD 児の集中力を養い、不注意を緩和することが目的です。ゲームは、8歳から12歳の ADHD 児を対象に、医師の処方箋に基づいて提供され、既存の治療法と併用されることが想定されています。

スポンサーリンク

日本での展開

日本では、塩野義製薬株式会社(シオノギ製薬)がこの革新的なデジタル治療薬の導入を担当します。シオノギ製薬は、1878年に創業した歴史ある製薬会社で、この取り組みは「SHIONOGI Group Vision」の一環として、薬だけではないヘルスケアサービスの提供を目指しています。日本での臨床試験では、6歳から17歳の小児 ADHD 患者 164 名を対象に良好な結果が得られており、今後の展開が期待されています。

デジタル治療薬の可能性

EndeavorRx の FDA 承認は、ゲームアプリが正式な医療用途で認可された史上初の事例です。この成功は、同様のデバイスや目的を持つ他のデジタル治療薬の審査を簡略化する可能性を示唆しています。Akili Interactive Labs は、ADHD に留まらず、他の発達障害を対象とした製品の開発も進めており、デジタル時代の医療に新たな可能性をもたらしています。

このように、EndeavorRx は ADHD 治療における新たな分野を開くものであり、今後の発展が大いに期待されています。デジタル技術の進化が、医療の現場にも革新的な変化をもたらすことで、患者さんの生活の質の向上に寄与することを願ってやみません。

created by Rinker
¥1,336 (2024/04/12 20:15:06時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました