スポンサーリンク

【XAMPP】CSS、JSの変更が反映されない問題と対処方法

XAMPP ITライフハック
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
当ページはプロモーションが含まれています

Web 開発で、特にローカル環境でのテスト段階において、CSSの変更がブラウザに反映されないという問題が起こることがあります。XAMPP を使用して PHP をテストする際にも、このような問題が発生しやすいです。今回は、Apache ブラウザキャッシュ制御を利用してこの問題を解決する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

CSSが反映しない問題

XAMPP を使用している際、CSS や JavaScript の変更がブラウザに反映されない問題に直面しました。これは、ブラウザのキャッシュが原因で、最新の変更が読み込まれず、以前のデータが表示され続けることがあります。

スポンサーリンク

Apacheによるキャッシュ制御

この問題を解決するための一つの方法は、ブラウザで Command + Shift + R を押してキャッシュをクリアすることですが、何度も行うのは面倒です。そこで Apache のブラウザキャッシュ制御を利用することです。具体的には、Apache の設定を変更して、キャッシュを使用しないようにします。これには、mod_headersモジュールを使用します。

設定方法

  1. Apacheの設定ファイルの確認:まず、Apacheの設定ファイル httpd.conf を開いて、mod_headersモジュールがロードされているかを確認します。具体的には以下の記述があるかどうか検索して確認してください。
    なお Apache の設定ファイルである httpd.conf ファイルは、 XAMPP をインストールしたフォルダの下にある /apache/conf/httpd.conf にあります。

    LoadModule headers_module modules/mod_headers.so
  2. キャッシュを無効にする設定: 次に、httpd.conf ファイルまたは .htaccess ファイルに以下の設定を追加します。
    .htaccess ファイルは XAMPP をインストールしたフォルダ の下にある htdocs 直下に作成します。

    FileEtag None
    RequestHeader unset If-Modified-Since
    Header set Cache-Control no-store

    この設定により、Etagの使用を無効にし、If-Modified-Sinceヘッダーを削除し、Cache-Controlヘッダーに「no-store」を設定してキャッシュを無効にします。

  3. 特定のファイルタイプに適用:CSS や JavaScript ファイルなど特定のファイルタイプにのみこの設定を適用したい場合は、上記の代わりに以下のように設定します。
    <Files ~ "\.(css|js)$">
    FileEtag None
    RequestHeader unset If-Modified-Since
    Header set Cache-Control no-store
    </Files>

注意

この設定はキャッシュを無効にするため、サーバー負荷が増加する可能性があります。そのため、コンテンツの更新前後など特定の期間でのみ適用することが望ましいです。

まとめ

XAMPP で、CSS や JavaScript の変更がブラウザに反映されない問題は、Apacheのキャッシュ制御を活用することで解決できます。特に静的コンテンツを多用する場合、この方法が役立ちます。

created by Rinker
¥3,450 (2024/04/17 09:24:48時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました