スポンサーリンク

【WordPress】HTTPセキュリティヘッダーの導入方法

WordPress ITライフハック
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
当ページはプロモーションが含まれています

WordPress は多くの利用者に利用されている CMS (コンテンツ管理システム) の一つで、ブログ、ビジネスサイト、オンラインストアなど、多岐にわたるウェブサイトの構築に利用されています。しかし、その人気の裏には、セキュリティ上の懸念が常に存在しています。ウェブサイトのセキュリティを確保することは、ユーザーの信頼を得たり、ビジネスの成長をサポートする上で非常に重要です。この記事では、WordPressサイトのセキュリティを向上させるために HTTP セキュリティヘッダーを導入する方法をご紹介しています。

スポンサーリンク

HTTPセキュリティヘッダーの重要性

HTTPセキュリティヘッダーは、ウェブサーバーがウェブブラウザに対して、サイトのセキュリティ関連の方針を伝えるためのメカニズムです。これにより、様々なセキュリティリスクを軽減し、ウェブサイトの安全を保ちます。主なHTTPセキュリティヘッダーとその機能について簡単に説明します。

  • HTTP Strict Transport Security (HSTS):これにより、ウェブサイトは HTTPS を通じてのみアクセス可能となり、HTTP を通じたアクセスを防止します。
  • X-Frame-Options:クリックジャッキング攻撃を防止するために、iframe を通じたページ埋め込みを制限します。
  • X-XSS-Protection:クロスサイトスクリプティング (XSS) 攻撃を防止するための保護メカニズムを提供します。
  • X-Content-Type-Options:MIME タイプスニッフィングを防止し、ドライブバイダウンロードのリスクを低減します。
  • Referrer-Policy:このヘッダーは、どの情報をリファラヘッダーとして送信するかを制御し、プライバシーを保護します。
  • Feature-Policy:サイトの所有者が、特定のブラウザ機能の使用を制御できるようにします。
スポンサーリンク

WordPressにHTTPセキュリティヘッダーを導入する手順

  1. SSL証明書の確認:まず、SSL証明書がインストールされていることを確認してください。これがないと、サイトへのアクセスができなくなる可能性があります。
  2. プラグインの導入:「Headers Security Advanced & HSTS WP」をインストールして、有効にします。
    Headers Security Advanced & HSTS WP
  3. 設定の確認:securityheaders.comを使用して、設定が正しく動作していることを確認します。
    securityheaders.com

以上の手順に従って、WordPressサイトのセキュリティを向上させることができます。セキュリティは常に進化する分野であり、最新のセキュリティとアップデートを常に確認し、適用することが重要です。

created by Rinker
¥1,960 (2024/07/21 17:42:15時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました