スポンサーリンク

【WordPress】デバッグモードを有効にする方法

WordPress ITライフハック
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
当ページはプロモーションが含まれています

WordPress のデバッグモードは、テーマやプラグインの開発中に PHP のエラーを検出し、修正するのに非常に役立ちます。このモードは、設定ファイル wp-config.php 内で簡単に有効または無効にすることができます。今回は、このデバッグモードをどのようにして有効にし、そして利用するかについて解説します。

スポンサーリンク

デバッグモードの有効化

  1. FTP などで WordPress の設定ファイル wp-config.php を開きます。
  2. 以下のコードを見つけます。
    define( 'WP_DEBUG', false );
  3. これを次のように変更します。
    define( 'WP_DEBUG', true );

これで、デバッグモードが有効になり、ウェブサイトにアクセスするとPHPのエラー情報が表示されるようになります。

スポンサーリンク

ログ出力の設定

エラー情報は画面に表示したくないが、後で確認できるようにログ出力したい場合もあります。そのためには、以下の設定を wp-config.php に追加します。

// デバッグモードを有効にする
define( 'WP_DEBUG', true );


// 画面表示へのエラーログを無効にする
define( 'WP_DEBUG_DISPLAY', false );
@ini_set( 'display_errors', 0 );


// ログへの出力を有効にする
define( 'WP_DEBUG_LOG', true );

これで、エラーが発生すると /wp_content/debug.log ファイルにログが出力されるようになります。

ログを利用したデバッグ

デバッグログは、特定のコードの動作を理解したり、エラーを特定したりするのに非常に役立ちます。例えば、以下のように PHPファイルにコードを追加することで、特定のアクションがトリガーされた時にログにメッセージを出力できます。

error_log( 'Debug Start' );

特に、画面表示のない機能をデバッグする際には、この方法が非常に便利です。

まとめ

開発が完了し、ファイルを本番サイトに公開する際には、デバッグモードを無効にすることを忘れないでください。デバッグモードを利用して、エラーを見つけて修正しましょう。

created by Rinker
¥1,980 (2024/04/12 14:40:02時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました