スポンサーリンク

【Stable Diffusion】Openpose Editor:ControlNet用のポーズ生成を簡単にする

Stable Diffusion 画像 ITライフハック
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
当ページはプロモーションが含まれています

今回は、ControlNet のポーズ生成を手軽に行えるツール、「Openpose Editor」の使用方法について説明します。ControlNet は便利な拡張機能ですが、毎回元画像を用意するのは手間がかかりました。しかし、「Openpose Editor」の登場により、この問題が簡単に解決できるようになりました。

スポンサーリンク

Openpose Editorとは?

Openpose Editor は、Stable Diffusion WebUI 用の拡張機能で、ControlNet で使用するための棒人間ポーズを簡単に作ることができます。これまでのポーズを指定する作業が手間がかかるものだったのが、この拡張機能を使うことで、簡単に元画像を作成できるようになります。

ControlNet の説明は以下の記事をご覧ください。

【Stable Diffusion】便利でおすすめのWebUI拡張機能②ControlNet
ControlNetはStable Diffusion WebUIの便利な拡張機能で、画像のポーズを指定して生成できます。cannyやopenposeなど複数のモデルでイラストの輪郭やポーズを抽出。自由に表現力を広げましょう。
スポンサーリンク

Openpose Editorのインストール方法

Openpose Editorのインストールは非常に簡単です。

  1. WebUI を起動し「Extensions」タブから「Install from URL」タブを選択。
  2. 「URL for extension’s git repository」に下記のURLを入力し「Install」を選択しましょう。
https://github.com/fkunn1326/openpose-editor.git
  1. WebUI を再起動してください。
  2. 「Openpose Editor」のタブが増えていれば導入は成功です。Openpose Editor

Openpose Editorの使い方

Openpose Editor の使用方法は直感的です。タブを開いて、あらかじめ描かれている棒人間の関節をドラッグして好きなポーズを作り、「Send to ControlNet」ボタンを押すと、そのポーズがControlNetに転送されます。

ただし、ControlNetの設定には注意が必要です。

  • 「Preprocessor」を「none」に設定します。
  • モデルは名前に「Openpose」の付いているモデルを選択します。

これらの設定を怠ると、ポーズが認識されません。

  1. Openpose Editor でポーズを作ります。
    Openpose Editor
  2. 「Send to txt2img」を選択します。
  3. 通常と同じように人物を生成します。
    Stable Diffusion 画像

これで思ったポーズで人物が生成されたと思います。

まとめ

以上がOpenpose Editorの使い方の簡単な紹介でした。この拡張機能を使用すれば、非常に簡単にポーズを指定でき、非常に便利です。ぜひ活用してみてください。

created by Rinker
ソシム
¥2,420 (2024/04/12 17:25:10時点 Amazon調べ-詳細)

タイトルとURLをコピーしました