スポンサーリンク

米軍式入眠法:たった2分で眠りに落ちる快眠誘導方法

睡眠 女性 プロステイホーマーの道
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
当ページはプロモーションが含まれています

日々の生活においてのストレスは睡眠を大きく邪魔します。しかし、そういうストレスに直面した時にしっかり眠るための方法があります。「米軍式入眠法」、これは誰でも簡単にできてすっと眠りに入ることで知られている睡眠誘導方法です。今回の記事ではこの具体的な方法を紹介します。

スポンサーリンク

米軍式睡眠法とは

米軍式睡眠法は、第二次世界大戦中にバド・ウィンター氏によってアメリカ海軍で研究・開発された睡眠導入方法です。当時、戦場の兵士たちは、心身の疲労やストレスにより睡眠が十分とれていませんでした。戦時下の厳しい環境下でも、彼らは顔や全身の筋肉の緊張と緩めることを利用して身体の細部の一カ所ずつに意識を向けながら自然と眠りに落ちていました。その効果は非常に高く、昼夜問わずあらゆる環境下でも、当時のテストではでは成功率は非常に高かったとも言われています。

スポンサーリンク

米軍式睡眠法のポイント

米軍式睡眠法の目的は、方法自体はいくつかありますが、頭を空っぽにして身体を眠らせることです。そのため、体の各部位を一度緊張させてからリラックスさせ、それを顔、腕、手先、足、足先の順番に行います。そして、その間に自然な呼吸を保つことです。2分で眠れると言われているこの方法ですが、非常に早く眠りに入ることができます。

睡眠 男性

米軍式睡眠法の具体的な手順

  1. 1.まず、寝る準備をし、布団の中に入り、仰向けになります。手のひらを上に向け、足を自然に開き、目を閉じます。
  2. 次に、全身の筋肉に力を入れます。これには、顔、肩、腕、手、胸、腹部、足、足先の全ての部分が含まれます。一度全身を緊張させ、息を吸いながら全身の力を解き、吐く息とともにさらに力を緩めていきます。
  3. 一度自然な呼吸に戻したら、顔の筋肉に意識を向けます。一呼吸吐く度に、眉間、こめかみ、眼球の力、口元の力、首の力を抜いていきます。この段階では頭がぐっと地面に沈んでいくような感覚になります。
  4. そして、身体の他の部分に注意を向けます。一呼吸したら、次は肩、ひじ、手首、指先の順に力を抜いていきます。そして、肩甲骨、腰、脚の付け根、ひざ、足首、足先と力を抜いていきます。
  5. 全身の力を抜いたら、心地よいイメージを思い描きます。例えば、自分が青い空の下に浮かんでいるような感覚や、身体が水面に浮かんでいるような感覚、身体から地面に根が伸びているような感覚をイメージします。
  6. そして、息を吐く度に全身の力を地に沈めていくことで、自身を深いリラクゼーション状態に導きます。

1981年出版の “Relax and Win: Championship Performance”から

この方法を試す際は、全身の力を緩める(リラックスさせる)ことがポイントとなります。そして、リラックスが深まるにつれ、自然と眠りにつくことができます。

ただし、個々の体験は異なるため、一部の人々はこの方法が自分には効果がないと感じるかもしれません。しかし、多くの人々は驚くほど簡単に深い睡眠に入ることができます。

この方法は何度か試すことで効果が現れやすくなります。一度や二度で結果が出なくてもあきらめずに、続けて試してみてください。

まとめ

睡眠に苦労しておられるなら、米軍式睡眠法を試してみる価値はあります。この手法は、筋肉の緊張と弛緩を用いて全身をリラックスさせ、睡眠に入るための手順を提供します。この手法以外に、自身のライフスタイルや習慣についても再評価し、睡眠の質を上げるための一般的な方法を試すことも重要です。これには、食事のタイミング、カフェインやアルコールの摂取、適切な温度のお風呂、スクリーンタイムの制限、適度なストレッチなどが含まれます。これらの方法を試すことで、より質の高い睡眠を得ることができ、日々の生活の質を向上させることができるでしょう。

created by Rinker
アチーブメント出版
¥1,485 (2024/04/19 21:57:29時点 Amazon調べ-詳細)

タイトルとURLをコピーしました