スポンサーリンク

認知症にならないための具体的な方法

ライフワーク
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
当ページはプロモーションが含まれています

皆さんは、普段生活をしている中で【認知症】について考える機会はありますか?
認知症になると、物忘れ、嗅覚が無くなったり、言葉が出なくなったりします。

普段の生活をしていると、中々自分では気が付きにくく周囲の人が、なるべく早めに気づかせてあげることが大変重要なんです。症状が深刻になる前に、できるだけ早めに進行を食い止めることがとても大切です。

そんな認知症にならないための具体的な予防方法を今回記事でご紹介しようと思います。

認知症の現状

認知症の症状で多く言われていることは、やはり『物忘れ』でしょう。
物忘れがひどくなったり、人の顔が覚えられなくなったり、運転中に迷子になったりと普通の生活にも影響が出ます。

多くの方が、40歳ごろからひっそりと進行が始まると言われており、60歳ごろに症状が現れた時には病気の末期となる恐ろしい病です。

年々増加していくことにより、大きな社会問題となっています。そのため、自分は大丈夫とは言えないのです。人生の最後に、正気を失って介護なしでは日常生活を送ることができなくなります。

認知症には脳の危険信号

日常的に、体に悪い食べ物を食べたり、飲み物を飲むことで認知症の進行を促進してしまいます。
また、睡眠不足だったり、栄養不足だったり、運動不足・歯周病などで薬を飲んでも治らないのです。

基本的には、体に悪い食べ物を食べていたり、睡眠不足だったり、栄養不足だったり、運動不足、歯周病などの要因で、認知症のリスクがかなり上がります。

そのため、いかに日常で規則正しい生活を送っているのかで、今後の発症なども変わってくると思います。改善できる生活習慣を見直して、複数の原因を変えることがとても重要です。

糖質を中心にした食生活

糖質と聞いて、まず体にいい効果をもたらすモノと思う方は少ないでしょう。
糖質については、人間の毒でもあるように摂取量が多くなると依存性が増し、とても体に取って良いモノとは言えません。

1日15gを目安に取るようにしてください。その量より多い場合には、糖質が取り過ぎていることを認識することが大切です。自分が、1日の中でどれくらいの糖質を摂取したか把握している人も少ないことでしょう。しかし、認知症のことを考えて、それ以外の病気の引き金にもなりますのでしっかりと管理していきたいところです。

糖質は、認知症だけではなく[糖尿病] [虫歯] [肥満]の原因にもなります。
自分の食習慣をしっかりと管理していくことがとても大切です。

人は、崖っぷちに立たされて初めて糖質を辞められるかもしれません。

良い脂質やサプリを食事に取り入れる

糖質の代わりに、良質なオイルやサプリを取ることを強くお勧めします。
アボカド、ナッツ、オリーブ、MCT-オイルなどがとてもよい食材です。

中鎖脂肪酸が豊富に含まれている脂質は、ココナッツオイルやMCT-オイルです。
このような食材は、お腹をいっぱいにしなくても満腹が感じられることがあるため非常におすすめです。

夕飯から朝食までに12時間空ける

人間の体は、空腹のときに体がダメージを受けた細胞の修復してくれているため、
基本的に、夕飯と朝食の時間を12時間空けることが非常に大切です

例えば、夜18時に夕食を取った場合、次の朝食を食べるのは朝の6時ぐらいがとても良いそうです。
また、寝る3時間前までに夕食を食べて入れば効果的です。
寝る直前に食事をとってしまうと睡眠の質の低下につながり、体や脳の修復ができなくなってしまいます

運動をする

日常的に運動をすることで、記憶力や学習能力が向上し、ニューロンを新しく作り出し、シナプスの伝達効率を上げる物質が盛んになります。うつ病やパニック障害などのメンタル疾患になりにくくなり、ストレス解消されて最高の脳の状態になります。

筋トレや運動をした後は、脳がスッキリし、ストレスが解消するなどのとても良い効果が期待できることでしょう。

睡眠は7時間取る

睡眠の時間はとても大切です。睡眠が不足することで、健康な生活は送れないです。
睡眠中に脳細胞の修復をしたり、大事なホルモンが分泌されるのです。
夜更かしや徹夜をしたりすることで頭が回らなくなってしまいます。

日中の生産性が落ち、仕事や勉強にも悪影響が出ます。そのような中で,認知機能にも影響を及ぼすことにより、認知症の進行を促進しかねません。様々な病気の引き金になるため、しっかりと睡眠をとることを心がけましょう。

睡眠の質向上には、お風呂のお湯にしっかりと浸かることが大切です。睡眠時間を確保して、認知症予防に繋げていきましょう。

created by Rinker
¥1,509 (2024/07/25 03:47:02時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

認知症では、私たちのすぐ間近に迫る大変多くの方が発症している病気です。『私は大丈夫』とは言えず、誰でも発症するのです。だからこそ、日頃の対策がとても大切です。
介護をすることに社会問題となる現代において、いかに自分が発症しないようにすることが重要だと思います。

将来、『介護されたい』と思う方などはいないはずです。[介護をしている]人も[将来介護される]ことになるのはとても大変な社会です。

脳トレをすることで、脳を日常から使うことによる予防策があります。そのような日々の小さなことを積み重ねていくことが将来の病気発症リスクが変わっていことでしょう。

タイトルとURLをコピーしました