スポンサーリンク

【Node.js 】プロセスマネージャー PM2 のコマンド

PM2 ITライフハック
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
当ページはプロモーションが含まれています

この記事では、Node.js のプロセスマネージャー PM2 の基本的なコマンドを備忘的に書いておきます。

スポンサーリンク

PM2のインストール

PM2はnpmを使用して簡単にインストールできます。

npm install -g pm2

グローバルインストールを行うことで、どのプロジェクトからでもPM2を利用可能になります。

スポンサーリンク

アプリケーションの起動

アプリケーションを起動するには pm2 start コマンドを使用します。--name オプションを付けると、アプリに名前を付けて管理しやすくなります。

pm2 start my-app.js
pm2 start my-app.js --name my-app

これにより、アプリケーションがバックグラウンドで稼働し始めます。

アプリケーションの再起動

コードの変更後などには pm2 restart コマンドを用いてアプリケーションを再起動します。

pm2 restart my-app

この操作で変更を反映させることができます。

アプリケーションの停止

アプリケーションを停止するには pm2 stop コマンドを使用します。

pm2 stop my-app

これによりアプリケーションが停止し、PM2の管理下から削除されます。

環境の保存

現在のプロセスリストを保存し、PM2 が再起動した際にこれらのプロセスを自動的に復元するためにsaveコマンドを使用します。これにより、サーバーの再起動時に手動でアプリケーションを再起動する必要がなくなります。コマンドは以下のように使用します。

pm2 save

ログの確認

pm2 logs コマンドにより、アプリケーションのログを確認することができます。

pm2 logs my-app

ログを通じてアプリケーションの動作状況を確認できます。

モニタリング

pm2 monit コマンドを使うことで、稼働中のアプリケーションのモニタリングが可能です。

pm2 monit

リアルタイムでのプロセス状況やリソース使用量を確認できます。

クラスターモードでの起動

クラスターモードでは、-i オプションを使って複数のインスタンスを起動できます。

pm2 start my-app.js --name my-app -i 0

これにより、マシンのコア数に応じてインスタンスが自動的に起動し、ロードバランシングを行います。

設定ファイルを用いた起動指定

Yaml または JSON 形式の設定ファイルを作成し、pm2 start コマンドに渡すことで、複数の起動オプションを指定できます。

#Yamlファイル例
name: my-app
script: my-app.js
exec_mode: "cluster"
instances: 0
log-date-format: "YYYY-MM-DD HH:mm Z"
// JSONファイル例
{
    "name": "my-app",
    "script": "my-app.js",
    "execmode": "cluster",
    "instances": 0,
    "log-date-format": "YYYY-MM-DD HH:mm Z"
}
pm2 start pm2config.yml
pm2 start pm2config.json

これにより、アプリケーションの起動時にさまざまな設定を適用できます。

まとめ

PM2 は Node.js アプリケーションの管理を簡単にし、安定稼働をサポートします。基本的なコマンドを理解することで、便利に使えます。

created by Rinker
¥1,639 (2024/04/12 19:24:37時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました