スポンサーリンク

【Node.js】npm install時の「ERR! cb() never called!」エラーとその解決方法

Node.jsロゴ ITライフハック
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
当ページはプロモーションが含まれています

npm install でインストールをする際、エラー「ERR! cb() never called!」が出ることがあります、このエラーは npm 自体の問題によるものです。キャッシュの不具合が原因で発生することが多いです。以下では、今記事では、この問題の解決策をご紹介しています。

スポンサーリンク

原因と対処法

このエラーは、npm のキャッシュに問題がある場合に発生する場合が多いです。解決策としては、主にキャッシュの削除やnode_modules フォルダの削除が挙げられます。

キャッシュの削除

npm cache verify コマンドを使用してキャッシュを確認し、不要なデータを削除します。

npm cache verify
npm install

node_modulesの削除と再インストール

node_modules フォルダを削除し、キャッシュを強制的に削除し、npm install を再実行します。これにより、余計なモジュールが原因で発生していた問題が解決することがあります。

rm -rf node_modules
npm cache clean --force
npm cache ls
rm -rf ~/.npm
npm install

package-lock.jsonの削除

インストールするモジュールのバージョンに関連する問題が原因である場合、package-lock.jsonを削除することで解決することがあります。ただし、package.jsonを誤って削除しないよう注意が必要です。

スポンサーリンク

まとめ

npm install 時に「ERR! cb() never called!」エラーが出た場合、キャッシュの削除や node_modules フォルダの削除、package-lock.jsonの削除が有効な解決策となります。これらの手順を試すことで、多くの場合、問題を解決することができるはずです。

created by Rinker
¥3,212 (2024/06/13 01:37:43時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました