スポンサーリンク

超必見!!モーニングルーティン

ライフワーク
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
当ページはプロモーションが含まれています

朝の時間はとても忙しいものです。今日、忙しくて時間を朝に取るなとできないと感じる方もいるでしょう。どのように、時間を使うかで全く違ってくることもあるのは皆さんもご存知かもしれませんね。

でも、実際には『どのような時間の使い方をするのか』『朝の時間で何か自分にとって役立つことをしてみたい』『朝活をしてみたい』と思う方は必見です!!

有意義な時間を得るために、朝の時間の使い方を学び、将来のために役立つステップを踏んで、より良い人生になるようにしていきましょう!!

習慣が変われば人生も変わる

モーニングルーティンと聞いて、皆さんはどのようなことを思い描くでしょうか? 実際には、家事や準備の時間に使っていたり、テレビなどの情報を朝の時間を使って収集している方もいるかもしれません。習慣というものは、一度身につけば継続性が高まります。逆に、悪い習慣を持っていれば継続的に続いてしまうのです。

モーニングルーティン = 毎朝決まった行動習慣

毎日の小さな変化を繰り返すことによって、大きな変化に変わっていきます。まさに、日々の小さな行動が人生の大きな行動に変化して飛躍的に成長できるということです。

早起きは目的ではなく手段

まず、人の中では夜型派と朝方派に分けることができます。特に、どちらがいいというわけでは全くありません。よく、あまり寝なくても平気な[ショートスリーパー]という方もいますが、このような人はごく少数です。人には、体質というものがあり、睡眠の時間あるいは夜が苦手、朝が苦手など差があることは当然なのです。

朝起きが苦手という方も安心してください。朝起きをするためには、『自分の意志?』『決意?』そのようなものは一切入りません。このように思う場合には、早起きが[目的]になっているかもしれませんね。

人の[やる気]というものは長続きしません。いっときの想いとなってしまい継続が困難なのです。

まずは、睡眠時間をしっかりと取ることがとても大切なのです。なぜならば、睡眠時間を削ることによって、朝の行動力が下がることにあります。

睡眠の時間が減ることによって、判断力や思考力などの活動に欠かすことが出来ない思考に影響します。よって大きく生産性が落ちるわけなんです。

早起きが苦手でも時間を作ることができる

どうしても、早起きが苦手な方や、朝の時間は思考があまり追いつかないと思う方もいるかもしれませんね。そのような方でも大丈夫です。何時に起きるのかが重要ではなく、起床して朝活の時間を作ることが重要です。 つまりは、何時に起きてもいいのです。

脳は、夜寝ている時に日々の溜まった疲れを処理します。目覚めた時には、思考が整理されている状態になるためとてもスッキリした気分になっています。その状態の時に、時間を使って[普段できないことをやりましょう]ということなのです。よく、[起床後の3時間は大切足だよ]なんて聞きますよね。そう、その時が『脳のゴールデンタイム』と言われており、作業が捗る時間帯なのです。そのため、生産性が高く効率よく作業ができるようになります。

朝の習慣

ここからは、将来に差をつけるために行う朝の習慣についてお話しをしていきます。この記事を呼んだ方で、実際に行う人はごくわずかな人たちです。本当の自分のために行動をする人は、情報を得た時に、実際に行うことが出来ています。情報を知っても、行わずに『人生をしたい』と言っても状況は変わることはありません。ぜひ行動に移していきましょう。

やるべきタスクの仕分け

今日やるタスクを書き出します。今日1日何にエネルギーを使うのかを明確にすることで、中途半端な状態を無くしていきます。よく、スマホのToDoリスト機能があると思います。そのようなもので大丈夫です。今日の仕事や家事、行動に移すものを優先度を意識して行うようにしましょう。

そのような[タスク管理]を行うことによって、決めグセがつくようになります。『今日これをやる』『今日これをやらない』を瞬時に決められるのです。

今、やらなくてはいけないことか、忙しい毎日だと決めることが面倒になってきてしまいます。
そして、取り合えず始めてしまうのです。優先的なものを先に片付けることなく、後で気づくことがあるため慌ててしまいます。

目の前に出てきたタスクを場当たり的に片っ端からダラダラやるのか、1つ決めてやるorやらないと決めて1日を過ごすのかでは、達成感も充実感もまるで違ってくるでしょう。

そのようなことを無くしていきましょう。

タスク化がやる気が出る

タスクがあり、1日の中でクリア出来ずにいると、モチベーションが下がります。モチベーションを保つためには、タスクを順番に潰していきましょう。やる気は、長期的には持ちません。しかし、短期的な目線で見ると良い効果があります。今日の1日の中で、しっかりと行動できたのかを把握するために、細かくタスクを分けることによって達成感が大きくなります。

例えば、家事のタスクの場合には、[掃除する][洗濯する]ではなくて、[ここの部屋の掃除をする]など掃除のタスクをもっと細かくすることによって、達成感が上がります。

created by Rinker
¥1,485 (2024/04/19 21:26:12時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

将来のことを朝に考えるのもおすすめです。とても脳が冴えている状態の中でしっかりとタスクを振り分けることができます。将来については、長期的か短期的かを分けて考えましょう。紙に行うべきことを書き出して、優先度を見ていきます。そして、いつやるべきか、そのために何か前もって行動する必要があるのかなどとしっかりと把握して行動に移していくことが大切です。朝の習慣を身につけることによって、より多くの情報や知識が身につき他人との差が生まれていくことは間違いないでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました