スポンサーリンク

【Mac】シンプル簡単な読み上げアプリ「SpeakLine」

SpeakLineアイコン ITライフハック
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
当ページはプロモーションが含まれています

Mac ユーザー向けに開発された「SpeakLine」は、テキストを音声に変換するための最も簡単なツールの一つです。このアプリを使用すれば、テキストをタイプまたは貼り付けて、選択したボイスプロファイルで読み上げさせることができます。自作のソフトウェアのチュートリアル動画などを作成する際に自分の声を使用したくない場合などに役立ちます。
SpeakLine

スポンサーリンク

主な機能と特徴

  • 様々なボイスプロファイル:多言語に対応したシステムボイスから選択可能です。
  • 読み上げ速度と音量の調整:読み上げの速度(分速の単語数)と音量を自由に設定できます。
  • 簡単な操作性:メイン画面の上にある「▶(Play/Pause)」ボタンをクリックするだけです。
  • テキストと音声ファイルのエクスポート:RTF や TXT ファイルを追加し、AIFF 形式でオーディオファイルとしてエクスポート可能です。
  • カスタマイズ可能なインターフェース: ダークモードやフォントの変更が可能です。
  • システムボイスの追加:システム設定を通じて追加のシステムボイスをインストールできます。
スポンサーリンク

インストール

以下の App Store のページからインストールします。

‎SpeakLine – Text to Speech
‎SpeakLine lets your Mac talk to you! Write some text, select a voice and your Mac reads it out loud. Enjoy your words w...

使用方法

SpeakLineでは、テキストをウィンドウにタイプまたは貼り付け、上部のツールバーの「▶(Play/Pause)」で読み上げ、「■(Stop)」で停止します。

また、右上の「Share」ボタンで AIFF 形式にて書き出し、歯車の「Setting」ボタンからボイスプロファイルや、読み上げ速度を変更できます。

注意点

  • 出力フォーマット: AIFF 形式のみをサポートし、MP3、WAV、OGG などの他の一般的なオーディオフォーマットはサポートされていません。
  • シンプルな機能:必要最低限の機能がシンプルにまとめられています。

まとめ

SpeakLine は、テキストを音声に変換し、音声ファイルとして保存したりすることができる、使いやすいツールです。ネイティブな言語での読み上げを楽しむことができます。無料で利用可能なので、マックを使用してテキストを音声に手軽に変換したい場合は、是非試してみてください。

created by Rinker
AHS
¥21,907 (2024/04/12 22:40:00時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました