スポンサーリンク

休日こそはダラダラ・・・最高の休日を過ごすために

ライフワーク
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
当ページはプロモーションが含まれています

せっかくの休日に、みなさんはどんな過ごし方をしていますか?

子供の次第では、よく外遊びをしていたことを思い出す方が多いかもしれません。そんな中、大人になった現在では仕事や家事の疲れから遊びに行くことが極端に減少していると思います。[遊ぶ]とは、日頃できないことを行うことによってリフレッシュまたは、ストレスを発散させること。そのように心身を整えることによって、

また新しい1週間を仕事や家事をできると思うのです。そんな休日を過ごしたいものです。では、実際にどんなことをやればいいのか、そしてどんなメリットをもたらしてくれるのか一緒に考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

日本人は仕事ファースト

日々の生活の中で、仕事はとても大切なものですよね。

収入源の柱になっているのは、本業なのでしっかりと役割を果たして会社に貢献する。そのような真面目な性格が日本人にはあるようです。残業をなるべく無くそう]という動きがある中で、『実際にプライベートな時間は増えたけれども、どのように過ごせば良いのかわからない』なんて声を耳にします。

結論、来週や次の仕事の活力になるようにリフレッシュできることが一番いいのではないでしょうか。

  • 楽しい
  • リラックスできる
  • ストレス発散
  • 脳の活性化

上記のことを意識して休息を取ることを大切にしましょう。

スポンサーリンク

良い休日と悪い休日

良い休日

良い休日の場合には、[楽しいこと・リラックスできること・ストレス発散ができること・脳の活性化ができること]のように心身に良い影響を与えることがとても大切です。

普段の生活の中で、疲れが蓄積したり、ストレスが溜まっていたりとしっかりと休日に発散した方が良いです。

悪い休日

一方、悪い休日とは、[時間を無駄にしてしまう休日]です。

これは、1日をベットの上でダラダラとスマホを眺めては、昼寝を繰り返す。そのような場合には、1日が何もしなくて終わってしまうこともしばしば。

夕方には、何もできなかったことに少しだけ罪悪感が残るなんて経験をしたことがある人も多くいるのかと思います。

  • 睡眠時間を削る
  • 座っている時間が長い
  • 依存性が高いもの

睡眠の時間は、必ず1日7時間を目安に取ってください。

よく、明日は休みだからといって夜更かしをする人もいるのでは無いでしょうか? あまりにも睡眠時間が短すぎると健康にも良くありません。

また、疲れやすくなってしまい、せっかくの休日が逆に身体に対して、負荷がかかってしまうことになりかねません。よく、ショートスリーパーという方もいますが、そのような方はごく稀です。睡眠は、取り過ぎずに、取らな過ぎずはいけません。ちょうど良い程度の睡眠を確保してください。

座っている時間が長くなることで、血流が悪くなり病気のリスクも上がります。冷え性の方などは時に血流が悪いこともあるかもしれませんので、適度な運動や休みを行いましょう。

依存性があるものは、極力避けるようにしてください。また、アルコールの摂取も休みだからと、ついつい飲み過ぎてしまいます。そのようなことが無いように日頃の飲酒は、ほどほどにするように心掛けてください。

実際には、体が疲れている状態[肉体労働など]では、しかっかりとした睡眠をとることがとても大切になります。脳が疲れている状態[ディスクワークなど]では、海や山登りといった自然に触れることが大事と言います。

楽しいこと

何かワクワクするようなことや、幼少期のころを思い出すことなど、日常には触れない心が楽しいと思えることをやってみることがおすすめです。

例えば、久しぶりに会う友達を旅行に出かけることや、実家に帰省して家族との時間を楽しむなどです。

リラックスができる

やはり、仕事のことでずっと緊張状態が続くことは良く無いですよね。

リラックスをすることで『オキシトシン』というリラックス効果のホルモンが分泌されます。心身のリラックスによってストレスの発散効果があると言われているのです。

例えば、温泉に入ったたり、サウナに行ったりと心身をほぐしてくれる場所に行くことです。山に行って自然に触れたり、マッサージを受けることでもいいと思います。

自分にとって一番リラックスができる環境に触れることがとてもリフレッシュできて次の日の活性化に繋げられることは間違えありません。

ストレス発散

誰しも、ストレスは付きものです。

ストレスには、良いストレスや悪いストレスなどがありますよね。自分を追い込むようなストレスはとても危険です。定期的なストレス発散を心掛けたいものです。

男性であれば、ジムに行ってストレスを発散することが良いかもしれません。また、散歩などではリフレッシュできるためストレス軽減にも繋がります。

この頃は、猫カフェなど動物と触れ合う施設も増えてきました。自分に合ったストレスの対処方法を休日の時に行うことが大切です。

脳の活性化

休日だからできないこととして、読書や勉強などをやっていただきたいです。

自分のスキルが上達することが、今後の仕事においても年収を上げるきっかけになるのではないかと思うのです。必ず、インプットをした後には、アウトプットを行ってください。その後、相手からフィードバックをもらうことが大切です。

例えば、書で得た知識を[インプット]、1冊のノートに書き出し自分だけの勉強ノートを作成[アウトプット]する。そのことを職場や日常のコミュニケーションの中で取り入れて行くことで行動し相手の反応や直接的なフィードバックをもらうことが定着の道です。

せっかくの知識を得るのであれば、自分の物にして欲しいのです。ぜひ実践してみてください。

運動を定期的に

運動は、健康を維持するためにはとても重要なことです。

休日の時間にゆとりがある時に運動をする習慣を作ることがとても重要になってきます。 私個人的なおすすめは、起床後すぐに朝散歩をすることです。起床後は、脳もリセットされ気分もいいのでとても清々しい気持ちの中で散歩をすることがとてもいいです。

特に、夏の時などは、外の気温が日中よりも低いこと、そして晴れている時などには爽快な気分になれます。朝日を浴びることによって体内時計もリセットされ、生活習慣の改善にも効果があると言われています。本当にいいことしかない朝散歩をぜひ実戦してみてください。

時間を捻出する

仕事や家事に忙しくて、中々時間の余裕がないという方もいるかもしれませんね。そんな方には、時間の使い方を工夫することがとても大切になってくると思います。

先に、やりたいことの時間を確保しておくことで、この時間は必ず映画を観ることや、家族と過ごす時間を作るなとあらかじめ予定を作ってしまいましょう。

『その時間は絶対に譲れない』といっかりと自分で決めてしまうことでやりたいことを行う環境を整えていくのです。『いつかしたいな・・・』なんて言っていたらいつまでもその時は来ないですよ。

また、人間は時間などの制限があると、時間に追い込まれることで『ノルアドレナリン』というホルモンほ分泌すると言います。そのような状態になることによって、集中力や判断力が増すんです。しっかりと時間を確保できるように行動しましよう。

created by Rinker
¥1,485 (2024/07/25 03:29:55時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

せっかくの休日だから、どこかに遊びにいきたくなることもありますよね。私は、特に人混みの状態があまり得意ではありません。ですので、どうしても人混みがあるところに行くとかえって疲れてしまいがちです。そのようなことでは、せっかくの休日がしっかりと休息できていないことになります。最近では、サウナの人気が増えてきました。私も週末はサウナに行ったりしますが、平日の日頃に出来ないことを休日に行うことが一番ベストな休息方法かと思います。

楽しいことをして、リラックスできる環境に身を置く、そしてストレス発散を行い、脳の活性化のためにスキルを磨く。そんな充実した休日が送れる幸せに感謝です。この記事が皆様のお役に少しでも立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました