スポンサーリンク

【Git】GitHubでnode_modulesディレクトリを対象から外す方法

git ITライフハック
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
当ページはプロモーションが含まれています

GitHubにアップロードされたnode_modulesディレクトリを.gitignoreを使用してコミットの対象から外す方法について説明します。node_modulesディレクトリは、Node.jsのプロジェクトで使用される依存関係を含んでおり、これをGitHubにアップロードすることは一般的に推奨されません。これは、そのサイズが大きく、package.jsonを共有すれば、必要な依存関係はnpm installを実行することで簡単に再構築できるためです。

スポンサーリンク

.gitignoreの作成

まず、プロジェクトのルートディレクトリに.gitignoreファイルを作成します。
これは以下のコマンドで行えます。

touch .gitignore
スポンサーリンク

.gitignoreに除外ルールを記載

テキストエディタで.gitignoreファイルに、除外したいディレクトリ(この場合はnode_modules/)を記載します。

#node_modulesディレクトリを除外
node_modules/

gitの追跡対象から外す

次に、既に追跡されているnode_modulesディレクトリをGitの追跡対象から外します。これは以下のコマンドで実行できます。

git rm -r --cached node_modules

このコマンドは、node_modulesディレクトリをGitのインデックスから削除しますが、ローカルファイルシステム上のファイルは保持されます。

変更をGitHubにpushする

最後に、変更をステージングし、コミットしてGitHubにプッシュします。

git add .
git commit -m "Remove node_modules from tracking"
git push origin main

これで、GitHubにアップロードされたnode_modulesディレクトリは削除され、今後のコミットからも除外されます。これにより、リポジトリのサイズが削減され、依存関係の管理がより効率的になります。

created by Rinker
¥1,804 (2024/04/12 21:30:00時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました