スポンサーリンク

【体験談】うつ病と妊娠中の緊急入院

お腹に手をやる妊婦 生きづらさを抱えて
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
当ページはプロモーションが含まれています

私は、うつ病になってから妊活を始め、運よく妊娠することができました。

妊娠前、妊娠中も変わらず服薬治療をしていました。

もちろん、薬を飲むことのリスクも納得した上です。

今回は、妊娠中に起きた身体のトラブルについてお話しします。

スポンサーリンク

安定期に入ってから…

それは、安定期に入ってからのことでした。

妊娠した妻のお腹に手を置く男性

何度目かの妊婦検診。

エコーで子ども(胎児)の成長を教えてもらっていたとき、なんだかいつもと様子が違っていたのです。

エコーの時間が長い…。

その理由は、医師との診察で分かりました。

「羊水がほぼないんです。計測が難しいほどでした」

「明日、もう一度詳しい検査をするので来てください」

妊婦のエコー検査

翌日、もう一度検査をしましたが、結果は同じ。

羊水がほぼなくなっている。

それは胎児が危ない状況にあることを意味していました。

出産を予定していた病院はかなり大きな病院だったので、「ここに入院だろうな」と思っていました。

しかし、言われたのは「専門病院に紹介状を書くので、すぐに予約をしてください」という言葉。

紹介状のイメージ

かなりショックでした。

こんなにも大きな病院なのに診てもらえないほどのことなのか、と。

その翌日には、専門病院での入院が決まりました。

スポンサーリンク

私が薬を飲んでいるから…?

専門病院では「原因不明の羊水過少」と言われました。

そして

  • 胎児に危険があると判断すれば緊急帝王切開になること
  • 緊急帝王切開で早産となったときのリスク
  • 胎児の腎臓に問題があるこもしれないこと
  • 胎内でしか生きられない可能性
  • 出産後、すぐに亡くなってしまうかもしれないこと

を説明されました。

頭を抱えて悩む女性

「私が薬を飲んでいるからこんなことになったんでしょうか…?」

羊水過少が分かってからずっと不安だったことを口にしました。

医師には「関係ないです」とはっきり言われました。

「だから、お母さんは安心して薬を飲んで、気持ちを安定させててくださいね」と。

本当のことは分からない

先生(医師)には「関係ない」と言われたものの、私は今でも「薬を飲んでいたから羊水過少が起きたのかも…」と考えることがあります。

なにしろ原因不明。

なにが原因なのか分からないので、可能性の1つには「薬を飲んでいたから」もあるのでは…と思ってしまうのです。

マタニティマーク

リスクを理解し、納得した上で妊娠したとはいえ、予想外のことが起きれば動揺します。

「自分のせいだ」と責めてしまいます。

それは、親ならば当たり前のことなのかもしれません。

子どもを愛する親、大切に思う親であるなら、ごく当然な感情なのだと思います。

まとめ

妊娠は「予想外」の連続です。

何が起こるか分からないことの連続です。

それは、うつ病であろうがなかろうが、薬を飲んでいたかいないかは関係ありません。

そして、予想外のことに動揺してしまうのも当然のことなのです。

大切なのは、いま、そこにある生命を大切に思うことだと思います。

うつ病も服薬の有無も関係なく、子を大切に想う親として。

created by Rinker
ママ&キッズ
¥7,995 (2024/07/22 13:56:33時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました