スポンサーリンク

Botanium:室内で手軽に始めるスマートガーデニング

プロステイホーマーの道
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
当ページはプロモーションが含まれています

観葉植物は、その美しい姿と空気浄化の効果から、インテリアやオフィス空間に欠かせない存在となっています。

リモートワークで家にいることが増えて、少しデスク周りに緑があればいいなあ。

こう思う人に今回紹介する商品はとてもおすすめです。

でも観葉植物なんて育てたことないし

うまく世話ができるかなあ。

そんなあなたでも大丈夫です。

 

 

スポンサーリンク

今回紹介する商品 BOTANIUM(ボタニアム) 水耕栽培キット

created by Rinker
Botanium
¥16,500 (2024/05/29 15:58:03時点 Amazon調べ-詳細)

Botaniumは、都市部や狭い空間でも簡単に野菜やハーブを栽培できるスマートガーデニングデバイスです。

Botaniumの特徴的な点は、土を使わずに水耕栽培を行うことができることです。

特別な栄養液を使い、植物の成長に必要な栄養を供給します。

さらに、内蔵されたLEDライトが光合成をサポートし、植物が十分な光を受けることができます。

Botaniumの内容物

  • ボタニアム本体
  • ハイドロボール(成長培地)
  • 液体栄養剤(25ml・約3-4か月分)
  • 電源コンセント(USB接続)
  • クイックスタートガイド

購入後、種さえあればすぐに使うことができますね。

使い方は以下の通りです。

  1. タンクに水を入れる
  2. 栄養素を加える
  3. ハイドロボールを入れる
  4. 種をまく
  5. 電源を入れる

あとは植物の成長を見守るだけです。

本体サイズ 上部直径100 mm、下部直径135 mm、高さ250 mm
重さ 406 g
電源 5V 1A
使用電力 5mA/日
散水頻度 3時間ごと

Botaniumは、種からでも苗からでも、どんな植物でも育てることが可能です。

Botaniumで人気の野菜・果物
・いちご(苗、植え付け時期3-4月、収穫時期4-5月)
・ミニトマト(種/苗、植え付け時期4-5月、収穫時期7-8月)
・トウガラシ(種、植え付け時期2-5月、収穫時期6-10月)

Botaniumで人気のハーブ
・バジル(種、植え付け時期4-8月、収穫時期6-9月)
・パセリ(種、植え付け時期4-5月・9-10月、収穫時期一年中)
・パクチー(種、植え付け時期4-5月、収穫時期5-10月)

他にも、ナス、ミント、タイム等いろいろな植物を育てることが可能です。

Botaniumの特徴

  • 生産性の安定&向上
  • 水やり等の手間がかからない
  • 室内で育てるので、害虫の心配もない
  • 無菌のハイドロボールで清潔、無臭
  • 自動散水システム
  • 水やり過ぎによる根枯らしなし
  • 農薬の必要なし
  • 省スペースで栽培可能

これなら僕でも続けられそう!

スポンサーリンク

観葉植物を育てる効果・メリット

観葉植物は、単なる装飾要素だけでなく、さまざまな効果をもたらすことが知られています。

以下に、観葉植物の主な効果をいくつかご紹介します。

  1. 空気浄化効果:観葉植物は光合成によって二酸化炭素を吸収し、酸素を放出します。さらに、植物の葉や根が周囲の空気中の有害物質や揮発性有機化合物(VOC)を吸収し、浄化する働きがあります。これにより、室内の空気を清潔に保ち、健康な環境を作り出す効果があります。
  2. 音の吸収効果:観葉植物は、葉や茎、根などの構造が音を吸収する能力を持っています。そのため、室内に観葉植物を配置することで、騒音を軽減し、静かで快適な空間を作り出すことができます。
  3. ストレス軽減効果:観葉植物を見たり触れたりすることは、リラックスやストレス軽減につながるとされています。植物の緑の色や自然の要素に触れることで、心身のリフレッシュやリラクゼーションが促される効果があります。
  4. 集中力向上効果:研究によれば、観葉植物の存在は作業効率や集中力の向上につながるとされています。緑の色彩がリフレッシュ効果をもたらし、気分をリセットすることで、より集中的に作業に取り組むことができるとされています。
  5. 室内の湿度調整効果:観葉植物は、葉から水分を蒸散させることで室内の湿度を調整する効果があります。乾燥した季節や冷房の効いた部屋では、観葉植物が湿度を適切なレベルに保ち、快適な環境を作り出す役割を果たします。

 

Botaniumの口コミ・レビュー

・初心者でも使いやすい
・デザインが良い
・水を循環させて散水しているので、水を足す手間もあまり無い
・毎日眺めるのが楽しい
・これ一つで、いろんな植物を育てることができる

散水している所がおもしろいし
チョロチョロ流れる水の音に癒されるなあ

・付属のアダプターが使えなかった
・日光には当てた方が良い
・植え替えの際に、土をきれいに取り除かないとカビが生える
・植物が大きいと転倒するかも

少し価格が高いのも気になりますね。
でもいろんな手間暇を考えると妥当なのかも。

最後に

Botaniumを導入することで、自宅やオフィスなどの室内空間を活気ある緑のオアシスに変えることができます。

また、食卓に自家栽培の新鮮な野菜を並べたり、香り高いハーブを育てたりする喜びを体験することができます。

自分の手で育てた植物から収穫する喜びや満足感は、言葉では表現しきれないものでしょう。

皆さんもBotaniumを使って、豊かな緑の空間を創り出し、より自然とつながる日々を過ごしてください。

タイトルとURLをコピーしました